遺品整理は残す遺品と処分するものなどに仕分けが大切

遺品整理は残す遺品と処分するものなどに仕分けが大切

衣類や雑貨、家具など遺品整理を行う場合は色々な物を仕分けすることになります。
量が多くなると分けるのにかなりの時間がかかりますし、処分するゴミの量も増えるのでかなり大掛かりな作業と言えるでしょう。
早く終わらせるには素早くテキパキと分別していくことが大切ですが、間違ってしまった場合は長く後悔することになったり、責任を感じたりなど残念な状況が起こります。
ですから、遺品整理の作業はスピードよりは丁寧さの方に重きを置くのが成功させるためのポイントです。
ただ、退去日が迫っている時や手続きの都合上、終わらせなければならない期日がある時はスピードを意識すべきです。
もちろん、素早さを重視するからといって雑に行うわけではありませんが、期日が決まっているなら多少のミスは仕方ないと割り切る考え方をしましょう。
たとえば、残すのか捨てるのかの判断に悩む物に関してはできるだけ処分する方向で考えるのがコツです。
残すとそれだけ物が多くなるので、作業スペースを確保する意味でも捨てる方が賢明です。

キッチンでの遺品整理をスムーズに進めるコツ

キッチンに限った話ではありませんが、遺品整理をスムーズに進めるためには最初に作業の流れを把握しておくことが大切です。
キッチンを片付ける際は、まず冷蔵庫の中などにある食品類を処分しましょう。
食品類を後回しにすると腐敗して悪臭や害虫が発生する可能性があるので、真っ先に取り掛かることが大切です。
食器棚などを後回しにすることもポイントのひとつです。
台所は作業スペースが限られるケースが多いので、いきなり食器棚などの中にある物の整理を始めてしまうと、作業スペースがどんどん狭くなってしまいます。
そのため、シンクやコンロの周辺や床などに出してある物を先に片付けて、作業スペースを確保することが重要です。
収納されていない物の片付けが完了したら、高い場所に収納されている物や床下に収納されている物の整理に取り掛かりましょう。
高い場所に収納されている物を取り出す際は、椅子などを使うと転倒の恐れがあるので、可能な限り脚立で作業することが大切です。
なお、片付けの際に出てきた台所用の洗剤類は、その他の場所での掃除に使える場合もあるので、処分せずに遺品整理が完了するまで取っておくことをおすすめします。

遺品整理に関する情報サイト
遺品整理ってどんな内容?

このサイトでは、初心者が遺品の処分を効率的に行うためにはどのように行うのが良いのか、初めての人でも分かりやすく解説しています。遺品の片づけは、時間も手間もかかるし想い出がある品物が出て来たときなどは悲しみもあるので作業が進まないなどのケースも少なくありません。遺品で処分しなければならないものが大量にあるときいは遺品整理業者を利用する方が楽、遺品の片づけをするときのポイントは残すものと処分するものに仕分けするなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search